リバイブラッシュ 妊娠中 授乳中

リバイブラッシュは妊娠中や授乳中に使っても悪影響はない?

 

目は印象を左右する重要なパーツです。特にまつ毛は努力次第で増やしたり質をあげたりすることもできるので、毎日しっかりお手入れしたいものですよね。

 

それは、妊娠中や授乳中でも同じで、常に美しくいたい、なりたいという人は多いと思います。

 

しかし、妊娠中や授乳中はちょっとしたものでも赤ちゃんに悪影響があるので、体につけるものや食べるものなんかには敏感になってしまいますよね。

 

まつ毛美容液についても同じで、赤ちゃんに悪影響がないか心配になってしまいますよね。

 

そこで、リバイブラッシュは赤ちゃんに悪影響があるのか調べてきました。妊娠中も授乳中もリバイブラッシュを使いたい!という人はぜひ参考にしてみてください。

 

妊娠中・授乳中もOK

 

妊娠中・授乳中に使ってもいいのか、というのは多くの人が気になっているようで、すでに公式の意見として、妊娠中・授乳中だとしても使える、と記載があるので、安心して使って大丈夫です。

 

しかし、どうしても不安で仕方がないという人もいるかもしれません。

 

万が一悪影響があったら…と思うとどうしても安心して使えない、と思ってしまうのは仕方がないですよね。

 

リバイブラッシュが赤ちゃんに悪影響がない理由は2つあります。

 

1つ目は、そもそも目元に塗るものだからです。

 

目につけるもの母乳に混ざって赤ちゃんの体内に入る確率というのは非常に低いです。

 

2つ目は、そもそも安全性の高い成分しか使われていないので、万が一体内に入ってしまっても赤ちゃんに悪影響はでないんです。

 

 

そういうわけで、妊娠中・授乳中にもしっかりリバイブラッシュを使ってまつ毛をケアしていきましょう。これを聞いても怖い、ということでしたら医師に相談してみるのが一番です。

 

赤ちゃんのためにあれこれ考えるのは、赤ちゃんを健全に育てるために重要なことです。しかし、それがストレスになって悩みこんでしまうとお母さんにとっても赤ちゃんにとっても良くありません。

 

お肌やまつ毛にとってもストレスが最も良くないので、思うところがあれば医師に相談するようにしましょう。

 

もし、医師に相談して大丈夫と言われても不安に思うようなら、使うのはやめましょう。

 

不安に思いながら続けても効果が出るとは思えませんし、そのストレスによる悪影響の方が大きくなってしまう可能性が高いです。

 

また、赤ちゃんに悪影響がなくても、自分の肌に悪影響が出る可能性はあります。

 

というのも、妊娠中はホルモンバランスが変わっていることもあり、肌質も変わってしまっています

 

そのため、いままで使えたものでも、肌の刺激になってしまうこともあるんです。特にデリケートな目元などはちょっとしたものが悪影響を及ぼすので、注意が必要です。

 

 

妊娠中・授乳中は肌に合うものだけを簡単に

 

妊娠中・授乳中は肌の調子が変わるので、自分に合ったものを見つけるのが大変です。

 

なので、妊娠中・授乳中はあまりたくさんの化粧品を使うのではなく、肌に合う化粧品で簡単にスキンケアするのがおすすめです。

 

特に授乳中はなかなかスキンケアをする時間もないと思いますので、できるだけシンプルなスキンケアを心がけましょう。

 

白色ワセリンは赤ちゃんにも使えるくらい安心なものなので、まつ毛の保湿などに使ってみるといいでしょう。

 

 

関連記事

リバイブラッシュの最安値@販売店舗とみんなの口コミ効果まとめ

  このエントリーをはてなブックマークに追加